東京大学
東京大学大学院 新領域創成科学研究科 複雑理工学専攻
English

能瀬研究室 - 神経回路の設計図と動作原理を探る -

研究概要

神経回路の設計図と動作原理を探る

脳・神経系は多数のニューロンがシナプスという構造を介して連絡した複雑な回路です。このなかを神経インパルスと呼ばれる信号が伝わることが、脳機能の基本であると考えられていますが、その実体はほとんど謎のままです。一体、どのような回路の中を、どのように信号が伝わることで高度な情報処理が可能になるのでしょうか?また、動物の発生過程において、どのようにして機能的な回路が間違いなく形成されるのでしょうか?当研究室では、ショウジョウバエの神経系をモデルとし、これらの問題に迫っています。

NEWS & TOPICS

第40回日本分子生物学会年会 に参加しました。(12/6~9 @神戸ポートアイランド) …能瀬教授、高坂講師、M2大浦、M2松尾、M2ゼン
●D2髙木さんの論文が Neuron に掲載されました。(12/1)
Divergent connectivity of homologous command-like neurons mediates segment-specific touch responses in Drosophila DOI: 10.1016/j.neuron.2017.10.030 プレスリリースの様子はこちら
日本比較生理生化学会 第39回福岡大会 に参加しました。(11/25~26 @福岡大学) …能瀬教授
能瀬教授が講演を行いました。(11/25) / 題名:Optophysiological and connectome analyses of the neural circuits regulating escape behaviors in Drosophila larvae
柏キャンパス一般公開2017において研究室公開しました(テーマ:光を使って神経回路のはたらきを調べる)。行動制御とカルシウムイメージングの説明、実体顕微鏡で光制御のデモを行いました。沢山の方が来てくださいました。(10/27~28 @基盤棟BF6)
ページ先頭へ戻る

LINKS

  • 東京大学(別窓)

  • 新領域(別窓)

  • 理学部(別窓)

  • メゾ神経回路(別窓)
.
Copyright c 2011 Nose Laboratory. All rights reserved.